はじめての古代魚飼育日誌


by tomesaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アンソルギーについて・・・と書いておきながら・・・

前回のブログで・・・

前回のブログでタイトルを「アンソルギーについて・・・」と書いておきながら、途中で忘れてしまいました(汗
しかもアンソルギーが出てきたの違うネタで出てきてるし・・・(大汗

アンソルギーについてあくまでも個人的な考えを言わせてくださいってのが、前回の主旨だったはず・・・見事にぶっ飛びましたね~(汗

いつもみなさんからあたたかいコメントを頂いてます。そのコメントの内容からブログネタにしたりしているんです。で、以前pondさんより頂いたコメントが今回のきっかけとなります。
私が『リアル・アンソルギー』と表記したところ、

「リアルですかぁ~!
リアルとは純血っていう事ですか?
最近Poも交雑が多くて分け解りませんが・・・(抜粋)」
という内容のものでした。(pondさん、いつもコメントありがとです^^v)

では、リアル・アンソルギーとは?私なりの答えですが
記載されてる内容にいたっては
Polypterus ansorgii (Boulenger.1910)
分布はギニア・ビザウのCorbal川、ギニアのクルッサ近郊ニジェール川、ナイジェリアのカインジ湖とオグン川(現在分かる範囲です)
背鰭条数は12-15で上顎と下顎は同じぐらい、もしくは下顎が若干突出する。
体色は褐色やグレー系で、緑がかった黒い模様が入る。

で私の飼育している個体のようなバンドや体型が一番記載種に近いとされている為
リアルとしました。
たしかに自然交雑も多いとされるポリプテルスですので一概には言えないのですが、胴体のほぼ全ての模様がブロッチバンドとされるものが「リアル・アンソルギー」でいいのではないでしょうか?
f0168539_615168.jpg

鰓蓋の先からブロッチが始まって最後までブロッチというのもなかなかいません。
2006年発行のprofile100 vol.23ポリプテルスなんか見ますと、ほぼ今で言うコリバのような個体がアンソルギーとして輸入されてたり、ラプエンのような個体も同様にアンソルギーとして輸入されたみたいです。

みなさんも、いやそーじゃない!とか私はこう思います!なんて意見もあるとは思いますが
それでいいと思います。
独自にいろいろ考え、妄想しながら飼育するのがベストだと思いますし、まだまだ世に出ぬポリプもたくさんいると思います。
まだ見ぬポリプを夢にみながら・・・

↓大型魚+古代魚blogがランキング形式で見れますよ!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
↓aqua関連全般はこちらを!こちらもランキング形式です!
f0168539_1011574.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by tomesaku | 2008-09-03 06:20 | アンソルギー